ブログ

究極のアンチエイジングクリーム・・・ヒルドイドの美容目的が健康保険財政に大きく影響!

ちょっとした風邪でも、なぜあんなにも多くの薬が処方されるのか疑問を抱いている、青森市の社会保険労務士、本田淳也です。

 とても頼りになる日本の社会保障!

日本には国民皆保険制度があります。

すべての方が保険証を持ち、毎月の保険料を支払う代わりに、
医療費が3割(1割~2割の方も)で済んだり、高額療養費や出産時の一時金や手当金を受けられます。

健康保険制度をきっちり勉強した社労士としては、
病院にかかり高額な医療費がかかった場合など、とても頼りになる制度だと感じています。

各医療保険制度ともに、医療費の7割(自己負担3割の場合)は保険料や税金でまかなわれているのですが、
低迷する経済状況を反映して保険料収入が伸び悩む一方、高齢者の医療費を中心に支出が増大し続け、
財政は大変厳しい状況!

 美容目的の健康保険利用は違法行為!

そんな財政状況の中、「数万円もするような美容クリームが保険適用で買える」というビックリする記事を目に・・・

紙面やネットでご存知の方も多いと思いますが、
本来、アトピー等に伴う皮膚の乾燥に使われる保湿剤「ヒルドイド」という商品らしい!

「究極のアンチエイジングクリーム」、「高級な美容液より高い美肌効果」、「安い上に効果抜群」などなど。

ネットで拡散し、全国的に広がったようです!

高級クリームが安く手に入る・・・これだけの理由で殺到したと予測しますが、制度本来の目的からは大きくかけ離れ、ただでさえ厳しい財政を、さらに加速させるのは間違いない!

おそらく厚生労働省や健康保険組合は、早急に対策を講じると思いますが、
これだけネットで拡散しているのに、ナゼもっと早く事態に気付き、手を打たなかったのか疑問が残ります。

さらに一部の医療機関では、患者さんからの強い要望を断りきれず、致し方なく保険病名をつけて処方しているケースもあるようです!

いずれにせよ、美容目的で健康保険を利用することは違法行為!

安易なヒルドイドの処方で財政をひっ迫させ、
数年後、病気やケガで困った人達が、適切な医療を受けられなくなるような事態だけはやめてほしい!

社会保険労務士 本田淳也(青森市)







関連記事

  1. 出産後の強い味方・・・雇用保険の育児休業給付とは!
  2. 倒産や解雇によって離職したら・・・雇用保険の給付日数が大幅に増え…
  3. 厚生労働省モデル就業規則、副業・兼業を許可制から届出制へ・・・よ…
  4. 厚生労働省モデル就業規則、副業・兼業を許可制から届出制へ・・・よ…
  5. 一定の残業時間に対して時間外手当を固定額として支払う「定額残業代…
  6. 会社によって異なる給与の締日と支払日・・・「支払う会社」と「もら…
  7. 安全確保措置を怠っていた疑い・・・十和田労基署がスーパー「ユニバ…
  8. 知らない人がほとんど・・・こんなにも広い雇用保険の給付範囲!




最近のブログ記事

PAGE TOP