ブログ

苦労なくしては・・・松下幸之助

 苦労なくしては

昔の言葉に“人を使うは苦を使う”というのがあります。
そのように、人を使うことが一番難しいのです。苦労して人を使って、初めて人も動いてくれます。

昔は、お殿様の言うことは何でも聞きました。
それでも”人を使うは苦を使う”といったのですから、現代では、人を使うことはさらに難しいと言えます。

上に立つ者が苦労しなければウソです。
苦労なくして人を使おうというようなことは、上に立てない証拠だと思います。
一番苦労するのが私です。
それが社長というものです。

昭和30年1月 社内誌「松風」

今はもっと激動の時代ですけど、一緒に踏ん張りましょう!

社会保険労務士 本田淳也(青森市)







関連記事

  1. 社労士の視点からみた雇用調整助成金
  2. 個人事業の会計について・・・個人ならではの「元入金」とは
  3. 物をつくる前に人をつくる・・・松下幸之助
  4. 経営者が従業員に求める意識とは・・・自分が経営者という心持ち!
  5. スーパー「いなげや」過労死事件・・・社労士として思うこと
  6. 批判はあとでよい・・・松下幸之助
  7. 「日に新た」・・・松下幸之助
  8. 確定申告で感じる時代の流れ!




最近のブログ記事

PAGE TOP