ブログ

銀行調査部への課題「企業の経営の良し悪しを判断する目安を探せ」~その二~・・・ピーターF.ドラッカー

かなりご無沙汰ですいません!
本の原稿を書き上げるのに右往左往していました・・・なにせ不器用なもんですから。

さらに4か月ぶりの更新で、ブログアップの仕方も忘れ右往左往しています・・・なにせ不器用なもんですから。

企業の経営の良し悪しを判断する目安を探せ~その二~

目安はなんだったのか、そこで終わっていたと思います。
その目安とは、こうだと言うのです。

「“社長の報酬”と“経営メンバーの報酬”に大きな開きがあるか否か」

大きな開きがある会社は経営状態が芳しくない、いっぽうで、
開きがそれほどない会社は経営チームの士気や仕事ぶりが優れていることが多い、という。

一概には言えないと思いますが、的を得ているような気もします。

要は、社長ひとりが会社を仕切っているのか、経営チーム全員で経営に取り組んでいるか・・・。
その違いが報酬に表れていると言います。

たしかに、真に伸びる企業はチームワークが良い。
みんな同じ方向に向かって突き進んでいる印象があります。

退職する人が少なく、働きがいを感じている従業員も多い・・・そんな状態なのかも知れません。

みなさんの会社はいかがでしょうか。

社会保険労務士 本田淳也(青森市)







関連記事

  1. 個人事業所得の会計の注意点~その一~・・・売上や経費は発生基準で…
  2. 先見性を養う・・・松下幸之助
  3. 物をつくる前に人をつくる・・・松下幸之助
  4. 一歩一歩の尊さ・・・松下幸之助
  5. 過酷すぎるりんごの収穫作業・・・経営者および従業員の待遇改善を業…
  6. 不動産業の「魅力」と「厳しさ」・・・売買仲介手数料について!
  7. スーパー「いなげや」過労死事件・・・社労士として思うこと
  8. 一人の力が伸びずして・・・松下幸之助




最近のブログ記事

PAGE TOP