ブログ

自動車流通新聞連載コラムFile4・・・やりがいを感じられる会社へ ~「自動車会社の働き方改革」~

今月の自動車流通新聞に寄稿したコラムをご紹介します。

~グーネット自動車流通サイト連載コラムはこちら~

やりがいを感じられる会社へ

従業員がいつも入れ替わっている会社とそうでない会社があります。
よく後者を目指しているがなかなか成果が出ないといった声も聞こえてきますが、同じ業種でも、離職率に大きな差が出るのはなぜなのでしょうか。

■退職理由のトップ3
退職に関する複数のアンケートをみると、従業員が退職する理由は「給与」、「労働時間」、「休日」が上位を占めます。
なるべく短い労働時間で少しでも多くの給与をもらいたいという表れでしょう。
ですので、この3つの労働条件を向上すれば退職者は減少する、ということになります。

ただ私の印象では、離職理由はひとつではなく複数重なっている場合、またそれ以外の理由で退職する方も多いように感じます。
よくあるのが「人間関係」。
いくら給与が高くても、毎日通う職場の風通しが悪ければ、精神的に辛く、非常に強い離職理由となります。

「嫌いな人と会わないようにするには辞めるしかない」といった意識が働き、逃げるように退職する方もいます。
ある程度の従業員数になれば合わない人も出てくるものですが、何でも話せる職場の雰囲気や頼りになる上司がいることにより、退職にまで至らないケースも数多くあります。

■仕事の楽しさを感じるか
もうひとつ離職理由になるのと同時にモチベーションにも関係してくるのが、「やりがい」です。

毎日同じような作業の繰り返しにどれほど「楽しさ」を感じるでしょうか。
昔なら「仕事だから我慢してやる」が当たり前でしたが、20代~30代の若者には通用しにくくなっているように感じます。
つまらないから辞めたという若者もよく目にします。

そこで全世代に通用するやりがいを紹介します。
それは「お客さんの感謝の声を届ける」こと。

生活に欠かせない自動車を扱うクルマ屋さんだからこそ、納車時を中心に多くの感謝の声があると思います。
それを間接的でもいいので、整備士に、板金工に、塗装工に、洗車スタッフに伝えましょう。

自分の仕事を褒められると嬉しいものですし、なんのために仕事をしているのかも明確になります。
20代の新人で仕事幅が限定される場合は、上司が積極的に良い所を褒めてあげるといいでしょう。

従業員が定着し、なおかつモチベーションが高い会社は得てして業績も良いもの。
経営者の意識が問われる時代に入っています。

~仕事をもっと、おもしろく!~
社会保険労務士/自動車整備経営コンサルタント 本田淳也

自動車流通新聞連載コラムFile5・・・労働時間の客観的把握とは ~「自動車会社の働き方改革」~はこちら↓







関連記事

  1. 自動車流通新聞連載コラムFile5・・・労働時間の客観的把握とは…
  2. 【シリーズ】 激動する自動車業界の活路を探る!その四 ~整備士不…
  3. 書籍「自動車整備業の経営と労務管理」を出版!
  4. 本の出版に続いてKindle電子書籍もスタート!・・・「自動車整…
  5. 事業承継を考える年齢になったら・・・~前半~
  6. デーリー東北新聞の経済・総合面に紹介されました!
  7. 自動車流通新聞連載コラムFile3・・・会社も納得する有給休暇を…
  8. 【シリーズ】 激動する自動車業界の活路を探る!その一 ~業界の厳…




最近のブログ記事

PAGE TOP