ブログ

一人の力が伸びずして・・・松下幸之助

こんにちは、青森市の社会保険労務士、本田淳也です。

一人の力が伸びずして・・・松下幸之助

自分は一年にどれだけ伸びているか、技術の上に、あるいは社会に対するものの考え方の上に、どれだけの成長があったか、その成長の度合をはかる機械があれば、これは簡単にわかります。

しかし、一人ひとりの活動能力というか、知恵才覚というか、そういう総合の力が伸びているかどうかをはかる機械はありません。
けれども、私は五パーセントなり十パーセント、あるいは十五パーセント伸びた、と自分で言えるようでないといけないと思います。

やはり一人ひとりが、自分の力でどれだけのことをしているかということを反省してみることが大切です。
一人ひとりの力が伸びずに、社会全体の力が伸びるということはないと思うのです。
松下幸之助

生産性向上をシンプルに考えると

会社全体の生産性をアップさせるには、個々の能力向上が欠かせませんし、またムダを省き業務を効率化させることも必要です。
さらには・・・と、続いていくと分かりにくくなってしまうため、シンプルにひと言で表すとすれば、「日々改善」ではないでしょうか。

改善する意識を持ちながら、日々の仕事に取り組む。

3ヵ月後、6ヶ月後、1年後、3年後、5年後・・・きっと同業他社より一歩リードする組織になっていると思います!
また、差別化を図るには、“ひと”でしかないとも思っています!

社会保険労務士 本田淳也(青森市)







関連記事

  1. 売上を順調に伸ばす鉄板テクニック・・・皆さんはご存じでしょうか?…
  2. 個人事業の会計入力について・・・個人ならではの事業主勘定とは?
  3. 過酷すぎるりんごの収穫作業・・・経営者および従業員の待遇改善を業…
  4. 批判はあとでよい・・・松下幸之助
  5. 社長は心配役・・・松下幸之助
  6. スーパー「いなげや」過労死事件・・・社労士として思うこと
  7. 本来の労働契約とは・・・
  8. 先見性を養う・・・松下幸之助




最近のブログ記事

PAGE TOP