ブログ

一定の残業時間に対して時間外手当を固定額として支払う「定額残業代」に関する通達を読む!

いつも深夜にブログを書いている青森の社会保険労務士、本田淳也です。

一定の残業時間に対して時間外手当を固定額として支払う「定額残業代」。
呼び方は固定残業代とか様々ですが、導入している会社は意外と多いように感じます。

適切な運用であれば問題はないものの、一定の残業時間を超えた場合も追加の残業代を支払わない、そもそも従業員が定額残業代の存在すら知らなかったなど、不適切な運用が続いた結果、裁判では厳しい判決が示されてきました。

今回、平成29年7月7日付けの最高裁判決を受け、「時間外労働等に対する割増賃金の解釈について」を前提にした通達が出されました(下記にて)。

労働行政と裁判実務は異なりますが、今後、定額残業の運用にあたり、より一歩踏み込んだ対応が求められています。
定額残業代を採用している会社は、今一度、見直してみてはいかがでしょうか。

社会保険労務士 本田淳也(青森市)
~定額残業制度導入はお任せ~

基監発0731第1号
平成29年7月31日

都道府県労働基準部長殿
厚生労働省労働基準局監督課長

時間外労働等に対する割増賃金の適切な支払いのための留意事項について

平成29年7月31日付け基発0731第27号「時間外労働等に対する割増賃金の解釈について」が発出され、平成29年7月7日付けの最高裁判所第二小法廷判決を踏まえて、名称によらず、一定時間分までの時間外労働、休日労働及び深夜労働に対する割増賃金として定額で支払われる賃金についての解釈が示された。

これ自体は直ちに労働基準法に違反するものではないが、不適切な運用により、労働基準法上の時間外労働等の割増賃金の支払義務等に違反する事例も発生していることから、時間外労働等に対する割増賃金の適切な支払いのために留意すべき事項を下記に示すため、監督指導等の実施にあたっては遺憾なきを期されたい。

1 平成29年7月7日付け最高裁判所第ニ小法廷判決の要旨は次のとおりであること。
(1)本件は、医師である上告人(労働者)が、被上告人(使用者)に対して時間外労働及び深夜労働に対する割増賃金等の未払分の支払いを求めた事案である。
(2)被上告人と上告人の間には、時間外労働等に対する割増賃金を年俸の中に含める旨の合意(以下「本件合意」という。)があったことから、上告人が未払いを主張する時間外労働等の割増賃金は全て支払い済みである旨主張した。
(3)しかしながら、本件合意においては、上告人に対して支払われる年俸のうち、時間外労働等の割増賃金に当たる部分が明らかにされていなかった。
(4)最高裁は、割増賃金を基本給や諸手当にあらかじめ含める方法で支払うことについて、労働契約における基本給等の定めにつき、通常の労働時間の賃金に当たる部分と割増賃金に当たる部分とを判別することができることが必要であるとした累次の判例(最高裁平成6年6月13日第二小法廷判決、最高裁平成24年3月8日第一小法廷判決及び最高裁平成29年2月28日第三小法廷判決)を引用し、本件については、上告人に支払われた年俸のうち時間外労働等に対する割増賃金として支払われた金額を確定することすらできず、通常の労働時間の賃金に当たる部分と割増賃金に当たる部分とを判別することはできないことから、被上告人の上告人に対する年俸の支払により、上告人の時間外労働及び深夜労働に対する割増賃金が支払われたということはできないと判示し、原審に差し戻した。

2 労働基準法第37条が時間外労働等について割増賃金を支払うことを使用者に義務づけていることには、時間外労働を抑制し、労働時間に関する同法の規定を遵守させる目的があることから、時間外労働等に対する割増賃金を基本給や諸手当にあらかじめ含めて支払っている場合には、上記1を踏まえ、次のことに留意する必要があること。
(1)基本賃金等の金額が労働者に明示されていることを前提に、例えぱ、時間外労働、休日労働及び深夜労働に対する割増賃金に当たる部分について、相当する時間外労働等の時間数又は金額を書面等で明示するなどして、通常の労働時間の賃金に当たる部分と割増賃金に当たる部分とを明確に区別できるようにしているか確認すること。
(2)割増賃金に当たる部分の金額が、実際の時間外労働等の時間に応じた割増賃金の額を下回る場合には、その差額を追加して所定の賃金支払日に支払わなければならない。そのため、使用者が「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」(平成29年1月20日付け基発0120第3号)を遵守し、労働時間を適正に把握しているか確認すること。

3 上記2を踏まえ、今後次のように対応すること。
(1)窓口での相談や集団指導等のあらゆる機会を捉えて、上記2で確認すべきとした内容について積極的に周知すること。併せて、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」の内容についてもリーフレット等に基づき説明し、周知すること。
(2)監督指導を実施した事業場に対しては、時間外労働等に対する割増賃金を基本給や諸手当にあらかじめ含めて支払っているか否かを確実に確認し、上記2に関する問題が認められた場合には、是正勧告を行うなど必要な指導を徹底すること。







関連記事

  1. 年金の受給資格期間が25年から10年へ、新たに64万人の受給権が…
  2. 意外と多い誤り、労災保険の実務上の注意点とは・・・
  3. 倒産や解雇によって離職したら・・・雇用保険の給付日数が大幅に増え…
  4. 倒産や解雇によって離職したら・・・雇用保険の給付日数が大幅に増え…
  5. 究極のアンチエイジングクリーム・・・ヒルドイドの美容目的が健康保…
  6. 社会保険未加入事業所への適用促進対策、更なる強化について!
  7. 知らない人がほとんど・・・こんなにも広い雇用保険の給付範囲!
  8. 会社で加入している社会保険とは・・・よく知らない方が大多数!

最近のブログ記事

PAGE TOP