ブログ

朝日新聞「トヨタ不正車検 罰金」に社労士としてコメント

こんにちは、社労士の本田淳也です。

2月に引き続き、朝日新聞のトヨタ系列の不正車検についてコメントさせていただきました。

朝日新聞デジタルでは、

自動車整備業界の労務管理に詳しい社会保険労務士の本田淳也さんは「職場全体で学び、育とうとする意識の醸成が大切」と言う。
過大な業務を強いられた状態では、ノウハウの習得ができないばかりか、人材流出や不正行為で現場が崩壊する恐れがあると指摘。
「台数や売り上げといった数値目標だけでなく、整備士ら一人ひとりがエンジニアとして成長できるよう支える必要がある」と話す。

今一度、整備士の働く環境を見直してもらいたいものです。

社会保険労務士 本田淳也







関連記事

  1. 自動車流通新聞連載コラムFile25・・・労働基準法ってなに? …
  2. 本の「はじめに」には何を書くのでしょう・・・書籍「自動車整備業の…
  3. 自動車流通新聞連載コラムFile35・・・パワハラ研修を実施して…
  4. 【シリーズ】 激動する自動車業界の活路を探る!その一 ~業界の厳…
  5. 東京新聞のこちら特報部記事「自動車整備士が足りない!!」にコメン…
  6. 自動車流通新聞連載コラムFile19・・・70歳定年を本気で考え…
  7. 自動車流通新聞連載コラムFile12・・・雇用調整助成金を活用す…
  8. SUBARUだより「これからの自動車販売店経営術」第3回~整備士…




最近のブログ記事

PAGE TOP