ブログ

労働基準監督署も「働き方改革」か!

こんにちは、青森市の社会保険労務士、本田淳也です。

働き方改革は民間だけではない!

多くの企業で人手不足が顕著となり、多種多様な“働き方改革”を行っていますが、このような動きは民間だけではないようです。

社労士業とは切っても切り離せない「労働基準監督署」。
その労働基準監督官の採用方法が、従来の厚生労働省一括採用から、各労働局単位に変更されたようです。
これにより、現在の全国を転々と異動する形ではなく、採用された労働局管内で異動や勤務を行うという。
いうなれば、遠方への転勤がないということ。

プライベートも大事にしたいという若い新卒者には、かなり受けがいいのではないでしょうか。

今までより難しい・・・先を見据えた経営判断

大きな組織に転勤はつきもの。
その効果としては、モチベーションの維持・向上、スキルアップ、不正防止等が考えられますが、引越しも伴うため家族持ちの方には結構大変なことでもあります。

人手不足が叫ばれるなか、“そんな苦労はしたくないので転勤のない仕事を選ぶ”・・・そんな新卒者が多く現れてきても不思議ではありません。

今後は、当たり前のように行ってきた業務も、今の時代に必要なのか、そしてもっといい方法はないのか、今一度立ち止まって考えるケースが増えるような気がします。

社会保険労務士 本田淳也(青森市)







関連記事

  1. 青森市の社労士初?・・・専門雑誌への執筆10ページ!
  2. 社労士が書籍を出版するそのワケ!
  3. 社労士試験の合格発表・・・結果はどうあれ本当にお疲れ様でした!
  4. 大ケガや死亡事故といった労働災害が発生したら・・・会社の責任はど…
  5. 知識不足が否めない年金事務所職員・・・あえて苦言を呈す!
  6. 大ケガや死亡事故といった労働災害が発生したら・・・会社の責任はど…
  7. 青森県の新規高卒求人、過去最高の1.95倍
  8. 10/6から青森県の最低賃金738円、前年より22円アップ!




最近のブログ記事

PAGE TOP